おまとめローンとは、複数の金融機関からの借金を1つにまとめる事です

おまとめローンとは、複数の金融機関から借り入れしている借金を、他の金融機関からお金を借り入れて1つのローンにまとめてしまい、借金を返済していく事をおまとめローンと言います。既に借り入れをしている金融機関でも1つにまとめる事はできますが、一般的には、既に借り入れをしている金融機関よりも金利が低い別の金融機関から借り入れるようになります。複数の金融機関から借金をしている場合、毎月の返済額が高額になり返済ができなくなる可能性があります。このような時に、金利が低い別の金融機関から既に借金をしている複数の金融機関の借金の合計金額分の借金をし返済してしまいます。この後は、後から借金をした金融機関に毎月返済を行うようになります。このようにローンを1つの金融機関にまとめてしまい借金を返済していけば、複数の金融機関に返済している時よりも毎月支払う金額が低くなるので、毎月の支払いが楽になります。

このように複数の金融機関から借金をしている人にとっておまとめローンはメリットのあるローンです。このおまとめローンには金融機関が設定をしているおまとめローン専用のローンに申込む方法と、使い道の指定がなく自由に使えるローンを申込む方法の2種類の方法があります。この2つには金融機関ごとに金利などが違うため、どちらに申込んで借り入れをした方が自分にとって得になるのかをよく考えてから借り入れをしなければなりません。また、金融機関によってはおまとめローンというものがない場合がありますが、使い道が自由なローンを使えばおまとめローンとして使う事ができます。このようにおまとめローンを組み、借金の返済を1つにしてしまえば毎月の返済額が少なくなるので負担が少なくなります。しかし、この方法にも注意が必要な事があります。それは、おまとめローンを組む時の審査が厳しい事と、1つの金融機関からの借入金額が大きくなるので、毎月の支払金額が低くなっても返済期間が長くなり、返済する総額が大きくなってしまう事があります。そのため、おまとめローンを組む時は、毎月の支払額だけではなく、支払総額も低くなるものを選ぶようにしなければなりません。